【 Information Release 7 】明治産業近代化のパイオニア「平野富二 生誕の地」碑 建立

長崎さるくの新名所の誕生です

────────

明治産業近代化のパイオニア
「平野富二 生誕の地」碑 建立

このたび、「平野富二 生誕の地」碑が、皆様の絶大なる御協力のお蔭をもちまして、建立をみるにいたりました。
まさに御同慶と存じ、厚く御礼申し上げる次第でございます。

どちらも様もご訪崎の折には、ぜひともお立ち寄りいただきたく、心よりお待ち申しあげます。

碑詳細

サイズ
・幅  300ミリメートル
・奥行 300ミリメートル
・高さ 1450ミリメートル

碑 文  
・正 面
「平野富二生誕の地」

・左側面
「平野富二は、弘化三年(一八四六)この地にあった町司長屋で生まれた。長崎製鉄所に入所し、小菅修船場の運営、立神ドックの掘削推進、県営長崎製鉄所最後の経営責任者となった。その後、本木昌造の活版製造事業を引受けて成功させ、民間洋式造船所としてわが国最初の石川島平野造船所を東京に創設した。」

・右側面
「平野富二生誕の地碑建立有志の会 二〇一八年建立」

刻字書体
・正 面 株式会社モリサワ 楷書MCBK1
・左側面 株式会社イワタ イワタ特太楷書体
・右側面 株式会社モトヤ モトヤ新楷書

石刻業者
株式会社小森石材彫刻
長崎市本河内3丁目25―20

設置場所
長崎市桜町9番6号 地先の歩道脇

寄贈者
「平野富二生誕の地」碑建立有志の会

事務局
株式会社朗文堂
東京都新宿区新宿2丁目4―9 中江ビル4階